Q1. CDをPC等に入れた際に曲名などを表示させたい。

CDをPC等に入れた際に曲名などを表示されるようにするには、CDDBまたはCD-TEXTを使用する方法があります。

CDDB(Compact Disc DataBase)とは、インターネット上に存在する曲名データベースです。CDの曲数や収録時間等の情報が収録されているTOC(Table of Contents)をDiscから読み取り、インターネットアクセスして曲名を取得する仕組みです。TOCはCD固有ではなく、複数のCDが同じTOCを持っている場合があります。その際には候補がいくつか表示されたり、違う曲名が表示されてしまいます。CDDBにはGracenoteのように企業によって運営されているものと、有志によって運営されているfreedb日本語などがあり、ソフトウェアによってどのCDDBを参照するかが決められています。(Apple社ミュージック 旧iTunesはGracenoteを参照しています。)もし、ご自分のCDの情報が登録されていない場合、自ら登録する事も可能です。

CD-TEXTとは

CD-TEXTはDiscの中に曲名などの情報を書き込みます。対応しているソフトウェア、CDプレイヤー、カーステレオ等で書き込まれた情報が表示されます。対応していないソフトウェアなどでは曲名などの表示はされませんが、再生は可能です。例えばAppleのミュージック(旧iTunes)はCD-TEXTに対応していませんので、上記CDDBを使用しないと曲名は表示されませんが、再生は可能です。

日本語などの2バイト文字を使用した場合、CD-TEXT対応機種でも古い機種などの場合、文字化けしたり、表示されなかったりする場合があります。プレス時にエラーが出たり、プレスされたCDでうまく表示されない事もあるため、日本の場合、CD-TEXTは書き込まないのが主流となっています。